業者選びは慎重に

多くの場合、特殊清掃を依頼するタイミングとは、時間的にも精神的にも緊迫している状況だと思われます。

とにかく一刻も早く元通りにして欲しいから、とりあえず目についた特殊清掃業者にすがるように依頼してしまう…。

そして結果的に、不満の残る痛い思いをしてしまう…、そんなケースも多いようです。

特殊清掃を依頼する際には、一度冷静になった上で、しっかりと清掃業者選びをすることが大切です。

先ずは複数の業者に相談し見積もりを作ってもらいましょう。

その際は詳細な作業内容も記してもらうことが大切です。

その上で、見積もりを比較検討し、信頼できるネクストに依頼するとよいでしょう。

確認すべきポイントとしては、先ず消臭方法。

ただ掃除するだけでは決して元通りにならないのが特殊清掃。

適切に消臭を行わなければ匂いが残ることも有ります。

どのような消臭方法を採用し、効果はどの程度なのかきちんと確認しましょう。

また、一度消臭しても後日また匂いが浮いてくるケースもあります。

その際に再度消臭作業をしてもらえるのか?この点も確認しておきましょう。

次に、特殊清掃では状況次第で壁紙やフローリング・タタミの張替えなど、リフォーム作業が必要になるケースが多々有ります。

その場合、工事は自社でやるのか?それとも外部の業者がやるのか?それ次第で値段も変わってくるので角煮が必要です。

最後に、作業前にはしっかりと契約書を作成してもらいましょう。

どのような作業内容で、料金はどのようになっているのか?明記しましょう。

作業後に追加料金を請求されるケースも少なくないので、そうならないためにも確認の意味で契約書はきちんと取り交わしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加